成功事例

スポンサードリンク



「土地案内前に建物間取りも提案。土地がきまったら『建物もこのプランでいいです』!」

土地から探しているお客様に土地案内をするときにこのプラン集を利用しました。

レインズから良さそうな土地情報をいくつかピックアップし、それぞれ1:100の土地図面をトレースして用意しておきました。
当日は「どの敷地だったらどんな建物が入るかを」展示場でお客様に説明してから出発。現場を案内をしました。

どんな建物ができるか事前に説明していたのでお客様の感度も良く土地案内もスムーズにすすんで、4件ほど見た中で「これ!」という物件が絞れました。

展示場に戻って土地の申し込みをもらった時に「建物プランはどうしましょうか?」とお客様に尋ねたところ、「…さっきのプランでいいんじゃない?」とご夫婦が顔を見合わせておっしゃいました!あくまで参考でだしたのですが私の方がびっくりです。

結局、見せたプランを少々変更したもので決まってしまい、建物の申し込みもほぼ同時にもらえました。
お陰様で初回面談から建物契約まで○日、その月は苦しかったのですが何とか月内に契約を持って行くことができました。

今までなら、「要望を聞いてプランを作成し、そして何度も打ち合わせていく」というプロセスを踏むのですが、それががまるまるなくなった感じです。

「その土地にどんな建物が入るか」をその場でお客様にいくつでもすぐに見せられるというのが良かったと思います。
今では土地から探すお客様を案内するのに手放すことができません。

間取り図プラン1000集の詳細はコチラ



「商機を逃さず面談3回・18日で契約!ローテクな魔法のツールです!」

学区限定で土地の候補が少ないお客様に6区画の開発分譲地をご提案しました。が、既に地型がよい物件は売れており残っているのは図のような旗竿状敷地や細長い敷地だけでした。

残っている土地のうち、どの物件にしたらいいのかを口で説明するのは難しいのですが、このプラン集がありましたので「この敷地でしたらこれが入ります、こちらでしたらこういった建物の間取りができます」
という風に土地図面にプラン集を重ねて一つ一つ丁寧に、且つスピーディに説明していきました。

その結果、旗竿状の敷地でも和室とリビングが南側に並べて配置できる間取りができることがわかりお客様も納得。その日に当社から土地の買付を入れてもらうことができました。

もし「どんな建物ができるか」をその場で説明できずに機を逃してしまったら、その間にその物件が売れてしまったかもしれません、学区限定ですからそうなったらもう土地そのものが出てこなかったかもしれません。

お客様がその気になったところを逃さず土地の買付をとれるローテクな魔法のツールです。

間取り図プラン1000集の詳細はコチラ



「インデックスページがわかりやすい!」

・・・そもそも不動産会社の人間って建物のことってわからないんですよね。だからいつもは預かった土地にどんな建物ができるかは、出入りする住宅会社の人にプラン作ってもらってたんですけどね。

でも、二~三度プラン作ってもらってお客さん紹介できないと、もうそこにはなんか頼みづらくって・・・。
しかも会社によっては頼んでから一週間以上かかったり、しかも出てきたのが僕ら不動産屋がみてもへんなプランだったり。
とにかくプランのこと言われるのは悩みの種でした。

そこで出会ったのがこのプラン集。先ずインデックスページがわかりやすい!

道路向き、建物の東西、南北のそれぞれの長さできれいに整理されているからこの敷地ならどんなプランがあるのかすぐに目当ての間取りにたどり着ける。
しかもトレーシングペーパーに印刷されているから土地図を100分の一でトレースすれば、その上に透かしてお客さんに見せられるのでお客さんも洋服を選ぶ感覚でその土地に入る間取りがみられる。
奥さんなんか一生懸命みてますよ。

素人でも適合する間取りを探しやすいようにできているところがいいですね。

間取り図プラン1000集の詳細はコチラ


間取り図作成依頼をお願いするなら、以下もオススメです。


スポンサードリンク



↓工務店・不動産・ハウスメーカーを対象↓
日本で唯一ここだけの間取り図!サンプル無料プレゼント

間取りサンプル詳細はコチラ