風水的に見た家のいい間取り・悪い間取りってなに?

間取りを風水で見てみると、「よい方角」「悪い方角」があります。新築を建てるときや模様替えをするとき、どの部屋をどの方角にするか迷ったら参考にしてみてはいかがでしょうか?

部屋別いい間取り・悪い間取り

【玄関】

大吉:東、東南
大凶:西、西南

【リビング】

大吉:東、東南
大凶:西南

【キッチン】

大吉:東、東南
大凶:西、西南、南

【勉強部屋】

大吉:北、東、北西
大凶:西南、南

【トイレ・風呂・水まわり】

大吉:東、東南
大凶:西、西南、南

日本において、家相では東・東南・南の方角がよいとされています。やはり、よくないのは鬼門・裏鬼門です。とくに水まわりは鬼門裏鬼門の方角に置くことを回避すべきでしょう。水まわりをどうしても置かざるを得ない、すでに鬼門に設置されている、という方は「鬼門除け」のお守りやお札を飾って、キレイにしておくことをオススメします。

風水・間取りの注意点

玄関のそばにトイレは×

風水においてトイレはケガレがあるもので、基本的にどこへ置いても凶です。このケガレを玄関近くに置くと、せっかくのよい気を失わせてしまいます。

玄関と寝室は吉方位に

風水だけを気にして間取りを決めるとむずかしいでしょう。しかし、玄関と寝室はよい気を取り入れる場なので、とくに優先して吉方位を選ぶことをオススメします。

いびつな形の間取りはよくない

気は玄関から入って空間を流れ、開運すると考えられます。しかし、間取りが複雑な形をしているとまんべんなく流れにくく、滞ってしまうのです。

よい気を取り入れるポイント

明るい光を取り入れるようにする

できれば自然光が望ましいですが、日光が入りにくいところであれば照明を置くとよいでしょう。ただ、反対に明るすぎもよくないので適度に遮ったり調節しましょう。

風通しをよくする

風はよい気を運んでくれます。また、風通しがよくないと悪い気もこもってしまいがちです。換気するなどして、風通しがよく湿気がこもらない空間にしましょう。

掃除をして清潔に保つ

ゴミがたまっていると、そこに悪い陰の気がたまる原因になります。こまめに掃除してキレイにすることが大切です。

アロマ、お香などよい香りを焚く

アロマなどのよい香りは、運気を調整する効果があります。自分の高めたい運気によって、相性がよい香りを選んで設置しておくとよいでしょう。

明るい雰囲気の絵・インテリアを飾る

花などの植物や動物など、好印象を感じる雰囲気がよいデザインの絵を飾ると運気もアップします。その方角に合ったカラーを選ぶとさらに◎