風水で健康運がアップする!2つの大事な場所

生活の空間に風水を考えたアイテムなどを取り入れることで、精神のバランスを良くし、気分を良くすることができます。すると心身にプラスの効果があり、運気アップにつながります。

健康運と掃除には、大きな関係がある

風水は環境学に関係する、ともいわれます。風水での1番の基本は、室内やアイテムを「キレイに保つ」ことです。キレイな空間なら病気やアレルギーにもなりにくく、やる気もでてくるのでとても理にかなったことですよね。体の不調は病院に行くのがいちばんですが、風水で生活環境を整えることで、改善することもあります。

健康運アップの重要な場所

トイレ

トイレは悪い気がたまりやすい場所なので、常に清潔にし、換気をして臭いがつかないようにすることが大切です。

ピカピカに掃除、洗濯する
壁や床、便器をキレイに保つことはとても重要です。毎日掃除することを習慣にすれば、掃除が当たり前になるでしょう。またマットはカバーには目には見えなくても汚れがつくので、定期的に洗濯します。暗い色のものは悪い気を呼びやすいので、明るい色がおすすめです。スリッパも置いて、悪い気がつかないようにします。

便座のフタを閉めておく
水や湿気が多い場所には悪い気が来やすいです。フタをいつも閉めておくことで、においや湿気の広がりも防げます。

モノを置きすぎない、大事な物を持ち込まない
モノからも、それぞれ気がでています。色々な物で飾っていると空間の気が乱れやすくなります。またトイレは悪い気が多いので、物にも悪い気がつきやすいです。

キッチン

健康には、食が大きく関係します。食事を作る台所をキレイにすることで、健康運が上がるのは当然のことです。風水で良いとされるキッチンの方位は西北です。凶とされるのは西・南です。西南は裏鬼門にもあたり、キッチンに西日があたると食材や生ごみに良くないため、とされます。またキッチンは水が多い場所でもあり、湿気が良くないため、使ったあとは水しぶきをふいて湿気がないようにします。

日光には大きな力がある

太陽の光にあたることは、私たちの体にとても良い影響を与えます。日光浴をして体をあたため、心身にプラスの気を取り入れることが大切です。

体の器官にあたる方位

風水では、それぞれの方位が身体に反映するとされています。体に不調がでたとき、あてはまる方位の風水を整える(観葉植物や水晶、クリスタルを置く等)ことで、健康運に影響を与えるとされます。

・北
耳、腎臓、生殖器、冷え

・北東
鼻、腰痛、関節痛

・東
のど、肝臓、足

・南東
髪、腸、お尻、神経痛、カゼ

・南
目、心臓、血管

・南西
胃腸、すい臓、筋肉

・西
肺、歯、呼吸器

・北西
頭、皮ふ、骨

掃除のしにくい場所を清潔に保つことで、私たちの心と体の健康に良い影響を与えます。