風水で玄関に鏡を置いてもいい?置くなら左右どっち?

出かける前に身だしなみをチェックするため、玄関に鏡を置いておきたいという方はいらっしゃるでしょう。そこで、風水的に鏡を置いてもいいのかどうか、置くならどう設置すべきかなどご説明します!

玄関に鏡を置いても大丈夫?

答えは、「向きに気をつければ置いてOK」です。ただし、玄関へ設置するにあたっては注意点があります。以下で紹介するポイントを確認して、運気を呼びこむ配置にしましょう。

鏡を置くならどこに置く?

置くとよい向き・場所は以下のとおりです。

玄関から見て右(家の中から見て左)

風水では気が反時計回りに流れるとされます。そのため、建物入口から見て右に鏡を置くと、気が入る助けをすることができるのです。小物・置物や絵を飾るときもこの方位がオススメ。

階段のなか

玄関の向かいに階段がある場合。家の中心を向くような向きで階段に凸面鏡をかけるとよいです。

ドアの横

こちらも、玄関の向かいに階段がある場合。ドアの横に大きな平面鏡をかけるとよい気を取り入れやすくなります。

やってはダメ!NGな鏡

これをやってしまうと運気が下がってしまったり、開運効果を得られない可能性があるので注意してください。 ×玄関正面に置く 玄関からはよい気が入ってきます。しかし、その正面に鏡があると反射してしまうので、ドアを開けた正面に置くのはNGです。 ×合わせ鏡をする 合わせ鏡をすると、そこを気が往復して停滞してしまいます。また、窓と鏡の向かい合わせもよくないので注意してください。 ×頭が切れる大きさ 鏡を見たときに頭が切れる大きさのものは、縁起がよくないといわれます。顔全体がしっかり映るものを選びましょう。

鏡の位置を変えられないときは?

もともと設置されていたなどの理由で、どうしても鏡が動かせない場合もあるでしょう。そんなときは、家具や植物を置いて隠せばOK。植物を置けば雰囲気もよくなりますし、一石二鳥です。

まとめ

鏡を設置するとよい場所や、注意点についてご紹介しました。鏡に関しては、頭のてっぺんからつま先まで映るような全身鏡がオススメです。しかし、形は円や八角形など基本的にどれでも大丈夫です。玄関・窓の正面に置かないようにさえすれば、それほど気にしすぎることはないでしょう。よいエネルギーを取り入れられるように、配置を考えてみてくださいね